「明日の高崎」あらき征二

高崎市議会議員・荒木征二の日々を書き連ねています。

新型コロナ陽性者、増加傾向

 GWをはさんだこの期間、高崎はこれまでの第3波までをしのぐ数の新規陽性者が報告されています。直近2週間(集計可能な4月26日から5月9日まで)の新規陽性者は272人を数えるまでになりました。5月8日には過去最高の33人という報告がされ、驚きが広がったばかりです。

 

 世代別にみてみますと、20代の陽性者が81人と突出して高くなっています。続いて30代が53人、40代が45人と続いています。GWを挟んだ期間という特殊性はありますが、いわゆる現役世代でも活動・行動が活発な若い世代になるにつれ、陽性者も増えている様子が明確です。感覚的にはそう思っていましたが、具体的な数字でこれほど如実な傾向が出るとは思いませんでした。

 

f:id:astelope2:20210510191549p:plain

世代別の新規陽性者数

f:id:astelope2:20210510191702p:plain

各世代の人口比の陽性者出現率

 

 気になるのは、若い世代でも10代と20代では歴然たる差があることです。若い世代でも10代は自粛の意識が高い(飲酒しないから!?)ということなのか、無自覚・無症状者が多いのか。疫学的な調査があるわけではありませんの定かではありませんが、10代と20代とでは行動様式に大きな違いが出てくるのかもしれません。

 

 さて、高崎市はここまでのところ、都市規模の割には新型コロナ陽性者が低く抑えられてきた傾向がありました。それは、保健所による積極的疫学調査が少なからず奏功したものと私は考えているのですが、保健所のマンパワーには限度がありますから、自ずと積極的疫学調査にもいずれ限界が訪れることとなります。保健所の対応限界がどのあたりにおとずれるのか、定かなことは言えませんが、近づいていることは確かだといえます。

 いよいよ高崎も容易ではない状況になってきたと言えるのではないでしょうか。よりいっそう注意深く経過を見守っていきたいと思います。

  

f:id:astelope2:20210510191800p:plain

移動の途中、久しぶりに「たこ顔」へ。美味しかったけどハイカロリーでしたので、今晩は夕食抜きにします^^