「明日の高崎」荒木征二

高崎市議会議員・荒木征二の日々を書き連ねています。

9月定例会・一般質問

 9月の定例会が開会中です。定例会の前半戦、本会議一般質問に今回も登壇いたしました。早いもので、私の任期中で一般質問できるのも12月と3月の2回を残すのみとなりました。のこり2回の質問は後悔の内容に、今から練りに練って臨みたいと思います。

 

 その前にまずは今回の一般質問の骨子をご報告いたします。答弁内容まで記載できませんので、ぜひ録画配信で答弁の様子もご覧いただければと思います。ご覧いただけば今の市の姿勢といいますか、市民に対する向き合い方がお察しいただけるかと思います。

 

(注:長文です)

 

通告名 「街路樹について」

1-(1)まちなか街路樹の現状について

 夏は木陰が貴重な時期だ。高崎のまちなかは以前から緑が少ないという指摘があるが、夏は特に実感する。高崎まつりにおいて山車巡行など、街路樹は交通を阻害する一因となっていることは否めませんが、緑の存在はまちにとって貴重です。

 まちなかを眺めているとさまざまな樹種が植栽されていますが、これまでどのような方針によって樹種を選定し、植栽を進めてきたのか、これまでの市の方針をお聞きしました。

 

1-(2)街路樹の剪定方針について

 街路樹に関する懸案材料に落ち葉がある。秋冬の落葉期にはどうしても沿道住民の負担は大きくなります。また枝が伸びすぎるなどして信号機や交通標識が見えにくくなっていることも多いですし、道路側溝をふさぐなどの弊害もあります。

 そうしたこともあり、現実に限定空間に街路樹を収めなければならないため、定期的な剪定作業が必要ですが、徹底的に枝を落とされたいわゆる強剪定(ブツ切り)された樹木も見受けられます。強剪定された樹木の姿は痛ましいものがあります。ある程度、その樹種本来の樹形を尊重した剪定技術があるようですが、市ではどのような基準をもって剪定作業をしているか、お聞きしました。

 また、樹木を管理するとすれば、少なくとも3年から5年は継続して管理して、計画的に樹形を作り上げる取り組みを継続しなければなりません。そのためにも受注者への研修制度を設けることや、街路樹を一貫して管理できる体制づくりを提案しました。

 

1-(3)街路樹のコンパクト化について

 街路樹はまちに必須の都市施設であると信じていますが、一方で維持管理にも配慮が必要ですし、財政に限りもあります。これから市の財政も一層苦しくなると思われるところで、この種の維持費はできるだけ抑えたいところです。また、各地で課題となっていますが、災害発生時の倒木の危険性のこともあります。

 こうしたことを考え合わせるなかで、街路樹のコンパクト化が一つのキーワードと考えています。緑の存在感を損なわずに数的ボリュームを効果的に減らす適密の考えです。まちなかの街路樹を見ていると、もう少し疎らであってもよいかと思うこともあります。適密、適疎な街路樹のあり方について本格的に考えるべきと思い、市の考えをお聞きしました。

 また、道路の歩車分離に高崎でもいわゆるボックスウッドがよく植栽されています。歩行者を守る意味もあるかと思うが、毎年の剪定が必要で、樹間からのびる雑草は手でしか除草できず、管理が難しいのではないかと考えています。芝張りなどに切り替えていくことも一考かと市に提案しました。

 

通告名 「技術・技能・労務職員について」

2-(1)技術職員・技能労務職員配置の現状について

 厳しい財政状況であっても、自治体の責任として安全で信頼される公共サービスの提供が求められます。さらに近年はさまざまな災害対応や環境問題への対応に直面しており、直営サービスの質の向上が求められ、技能労務職員の担う役割も重要となってきました。例えば、児童・生徒が安全な環境で学習に勤しめるのは、学校校務員によるところが大きいが、正規の学校校務員の採用が途絶えてからというもの、グループリーダー制度の維持も困難な状況となっています。同様のことが環境、道路・水路、生活衛生のあらゆる直営サービスに見られており、直営力の低下を心配しています。

 そこで、本市における技能労務職員の配置数と今後の定数のあり方について、市の考えをお聞きしました。

 また、技術系職員も各種ありますが、中でも要資格者でなければ就けない職種があります。こうした要資格の技術職員の種類と配置数もお聞きしました。

 

2-(2)技術系・技能労務職員の技術継承について

 正規職員の欠員が補充されないなどの理由により、技術の継承に滞りが生じたり、年齢構成の歪みを生じています。直営サービスでいうと近年は学校校務員の正規採用が進まず、技術の継承が難しくなっており、リーダー不在のため共同作業もなかなか難しくなっている状況にあります。

 大量採用は望めないにしても、しっかりとした直営サービスの維持のためにもそれぞれの職種に継続的な正規採用を求めました。

 また、高崎市は特定行政庁を置いていて、建築主事のもとで建築確認申請にかかる業務を行っています。しかし、建築主事になるには建築系の技術職員が自己努力で建築士資格を取得したうえで、さらに資格試験を受けなければならない。そのための努力を費用は職員個人の負担であるが、建築主事をしっかりと確保するための制度改正支援策を提案しました。

 

2-(3)技能労務職員の公平な取扱いについて

 本市における職業差別は一掃されたと信じていますが、古い慣習や経緯のこともあってか、技能労務職員の処遇には未だに納得しにくい取り扱いが残っているように思います。

 以前は職名の通り、現業作業のみに専念すればよかった職種であったかもしれませんが、保育所給食技士などのように、一般職と同様に書類作成業務がある職域もあります。こうしたことも考え合わせると、技能労務職員に対する評価は、一般行政職と比較して差があるとすれば、合理的説明がつかなければならないと考えます。技能労務職員の処遇について、市はどのような考えを持っているかお聞きしました。

  

 

まちなか街路樹

 長期予報のとおり、暑い夏になりました。日差しが痛いくらいです。夏真っ盛りになると毎年気になるのが街路樹です。

 高崎のまちなかは夏祭りに山車巡行があることもあり、いぜんから街路樹の強剪定が目立ちます。秋になれば落ち葉の苦情が沿道からあがってくるということもあるのでしょう。

 

 街路樹についてはお仕着せがましいとか、どこの都市でも同じだとか、維持費がかかりすぎるとか、不要論も根強いと承知しています。

 それでも私はまちには木々の緑陰が必要だと考えています。

 

 街路樹は、落ち葉・枝、害虫のこともあって、とかく迷惑がられています。はっきりいうと高崎では迷惑施設と同類の扱いと言って良いでしょう。それだから、街路樹に対する高崎市政のスタンスはとても曖昧で、その結果、街路樹の選定と剪定についてもポリシーが足りないことになっているのだと考えています。

 

 街路樹に対して、高崎市はもう少し本気出して取り組んでみたらどうかと思っています。毎年、強剪定された木々を見るたび、動物福祉があるなら植物福祉もあるんじゃないか、そんなことをつらつらと考えています。

 

 さて、どう動いたらいいか。考えます。

 

シラカシです。かしぐねに使われるので剪定に強い樹種なのかもしれませんが、ここまで強剪定されると痛ましいですね

 

子どもアドボカシー☆ぐんま☆スタートアップ

 「子どもアドボカシー制度」」は、大人が子どもの声を聴き、子どもの生活に関わる決定に影響を与えるように支援する制度です。

 私たちの社会は子どもの権利条約に関する認識がいまいち浸透していないのが実情です。残念ながら。実際に、アドボカシーとかアドボケイトという単語もいまだに市民権を得ているかと言えば、そうではないというのが実態でしょう。

 かくいう私も人のことを言えた立場ではありません。だからこそ学びたい!と心から思うのです。

 ここ群馬にも子どもアドボカシーの萌芽の時を迎えています。

 

 2022年8月7日、子どもアドボカシー☆ぐんま☆、スタートアップ。きっとこの日は、記念すべき日だったと邂逅されることになる大切な時間になったと信じています。さあ、群馬にも子どもアドボカシーを!!

 

アドボケイトによるクロストーク

 

kodomo-no-koe.qloba.com

高崎市は廃墟好き!?

 釣った魚に餌はやらない。つくったら作りっぱなしの高崎市ですが、役割を終えた建築物もそのまま放置の高崎市でもあります。

 100年後には世界文化遺産になったりするのでしょうか。もしかするとそれ狙いでしょうか。役割がおわったのなら解体して跡地を有効利用してはどうかと思うのですが。

 以前に、耐震性の懸念から常任委員会で質問もしてみましたが、市からは今後に向けての明確な答弁をいただけていません。さてさて、これらの建築物、どうしたものでしょうか。

 

旧斎場(2016年閉鎖)

 新しい方の斎場は訪れたことがある方も多いと思います。斎場に向かう坂道の途中、右手に仮囲いにガッチリと固められて遺されているのが、旧斎場建物です。この建物を垣間見るたびに懐かしく思う方もいるかもしれませんが、あのように仮囲いに厳重に包囲されて遺されている光景は少し異様です。建物の規模も大きく、重厚感のあるRC造です。駐車場も含めて広大な敷地面積ですので、再利用の道はないものでしょうか。

 

旧中央体育館(2018年閉鎖)

 高崎アリーナにバトンタッチして役割を終えた旧中央体育館もそのまま遺されています。高崎市HPによりますと、当該地が再開発事業の対象地になっていて、新しい再開発ビルの公共床に代替えするために解体はできないとのことです。いま、市が単独で解体工事すればその費用は全額高崎市負担ですが、再開発事業が立ち上がれば県や国からの補助金が見込めるというのも理由の一つのようです。

 さて、その肝心の再開発計画は新型コロナの影響で事業延期している状況です。一部では年度中に新しい方針が示されると噂されていますが、いずれにしろこの建築物はこれからも当分、このまま遺されることになりそうです。

 

旧レークサイドゆうすげ(2020年閉鎖)

 2020年3月末までをもって営業終了となっています。その後、2021年度には解体され、跡地はグランドゴルフ場になると発表されましたが、今日現在、解体工事が始まる気配はありません。人が使わなくたった建築物が朽ちるのは早いものです。わずか2年ほどの時間ですが、榛名湖からの景観イメージも低下しつつあり、このままでは榛名湖そのもののブランドイメージを傷つけかねません。グランドゴルフ場としての利用が正しい判断か分かりませんが、まずは解体を済ませ、榛名湖畔の景観を維持しなければならないのではないでしょうか。

 

 他にも小さな建築物などいくつかありそうですが、大規模なものを挙げてみました。実は倉庫として利用していたり、再利用の可能性を秘めているやに聞いているものもありますので、「廃墟」と言ってしまうと叱られそうでもあります。

 しかしながら、市民の声にもあがっています通り、こうした建築物は「物騒」ですし、周囲の景観を著しく損ねるものです。遺すからには市は責任持って維持管理して、こざっぱりとしておかなければなりません。

6月定例会一般質問

 今年の6月は梅雨らしく雨続きで、じめじめした日々が続いております。私も雨が続いて街頭に出にくかったり、地域を歩きにくかったりと少々フラストレーションを感じています。が、梅雨があけて暑くなればそれはそれで過酷ですので、涼しい今のうちにできることはやっておこうなどと考えています。

 さて、6月は定例会の時期です。今年も6月8日に予定通り開会となりました。そして、今定例会も私は一般質問に登壇いたしました。通告した質問項目は2つです。1点目は「子ども・子育て支援について」として保育士と学童支援員の処遇改善などにふれました。2点目は「終活登録について」として、死後に不安をかかえる方々への行政サービスとして高崎版終活登録の導入を提案しました。質問の骨子は下記の通りです。長文ですが関心ある方はご覧いただければと思います。

 

(通告)「子ども・子育て支援について」

質問1-1 保育士配置基準について

 保育士配置基準は子どもの人数に対して必要な保育士の人数をさだめた基準です。国が最低基準を示すもので、1950年代では乳児10人に対して保育士1人配置という今では考えられないような驚くべき基準でしたが、その後度重なる改訂を経て改善が進められています。

 改善は進んでいますが、この配置基準はあくまで「最低基準」であり、保育の質の向上が求められる中では、さらなる改善を求める声が大きいところです。

 内閣府では教育施設や保育施設等で発生した事故について毎年とりまとめて公表しています。直近の報告書によると令和2年度で認可保育所だけでも1081件の事故が発生し、うち1件は死亡事故であったとのことです。全国に認可保育所が2万3千ほどあるそうですから、20施設に1件ほどの割合で重篤な事故が発生している計算になりますので、市内で発生していてもおかしくはない状況です。

 事故防止に向けてガイドラインも定められ、再発防止の努力がされていますが、背景にあるのは保育士の多忙にあると指摘されています。市内の保育所のなかには独自の経営努力で手厚い保育士配置に努めているところもあるかと思いますが、市としてこうした保育所にどのような対応をしているか、確認しました。

 また、保育士の多忙感解消のため配置基準の見直しが議論されています。保育士確保の難しさはありますが、安全安心の子育ての実現のため、市条例の配置基準の見直しを提案しました。

 

質問1-2 放課後児童クラブについて

 続きまして放課後児童クラブの支援員等の待遇についてお聞きしました。国の対策により、保育士等と同様に支援員等の処遇改善が図られたところです。高崎市内の放課後児童クラブの多くは運営協議会形式をとっていますが、こうした運営形式の放課後児童クラブの支援員等に対して、市としてどのように対処しているか確認しました。

 

質問1-3 ひとり親世帯の保育料について

 市内の放課後児童クラブの多くは運営協議会方式で、それぞれが規約をもうけて保育料の徴収をしています。ひとり親世帯で日々の生活に苦しんでいるご家庭も少なくなく、いま一歩の保育料の割引を求める声があがっていますので、ひとり親世帯に対する割引の拡大を提案しました。

 

(通告)「終活登録について」

質問2-1 引き取り手のない遺骨について

 本格的な少子高齢社会となり、本市においても単独世帯が増加傾向にあります。例えば2020年実施の国勢調査報告によりますと、高崎市の65歳以上で単独世帯であるという方、つまり独居高齢者の方は18,696世帯あります。これは前回調査2015年では15,493世帯でしたから、わずか5年間で3,203世帯も増えている状況となっています。ちなみに国勢調査でいうところの「高齢夫婦世帯」については、2015年の17,998世帯から2020年には19,997世帯と、1,999世帯の増加となっています。

 「おひとりさまの終活」といった言葉もよく耳にするようになりました。単独世帯あるいは夫婦のみ世帯でいずれは単独になると見込まれる方の人生最終盤の不安は決して小さくはないと思います。例えば、夫が先に死亡して、その遺骨の埋葬先を知っている唯一の人間の妻が死亡すると、墓の位置がわからず、やむえず福祉火葬されてしまうというケースもあるようです。

 このように、高齢単独世帯が増え続ける社会情勢の中、いわゆる「終活」がうまく運ばれずに、本人の意思とは違うところで「引き取り手のない遺骨」となって人生の最期を迎える方がこれから増えてくるのだろうと思います。

 まず、本市における「引き取り手のない遺骨」の現状を確認しました。

 

質問2-2 高崎版終活登録について

 現在ある「ご遺族支援コーナー」は市民に好評ですが、こちらは身近な人を無くした近親者や遺言執行者といった方々に対するサービスであり、成年後見制度は本人が死亡すると自動的に終了してしまう絶対的終了規定があります。

 いま課題となっているのは本人の死後の世界の話で、こうした既存の制度の隙間にあるニーズです。「自分のことはなんでも自分でやる」と頑張ってきた方であっても、死後のことは如何ともしようがありません。それでも、死後も自分らしく整えたいというのは人の自然な願いなのだろうと思います。

 本人に経済的余裕があれば、行政書士や司法書士といった専門家と見守り契約や死後事務委任契約を結んでおくという手立てもあります。ただし、こうしたサービスも本人死亡がすぐさま伝わりませんと、受任者が死亡を知らないまま経過してしまう恐れがあります。

 そこで、本人が元気なうちに希望する終活に関する情報を市に登録しておき、万が一の際に市が、登録した情報にしたがって本人に代わって連絡をする、終活登録の導入を提案しました。

 行政にとってもメリットは大きいものがあります。市が終活情報を保管しておくことで、警察や消防、病院などからの問い合わせに終活登録の有無を回答することができ、身元判明の時間と手続きを大幅に省略することができます。

 さらに、死亡届と連動することができれば、より実効性の高い仕組みにすることができると思います。このような高崎版の終活登録に取り組んでいただきたいと思い、導入を提案しました。

  

 

通学路点検

 新年度が始まって夏休みまでの間は通学中の交通事故の多発期間です。徒歩通学が大半の小中学校の通学路も心配なところが多いのですが、意外と心配が尽きないのが高校生の自転車通学です。もちろん、もともt自転車には乗れるのでしょうが、傍目にも危なっかしい。単に自転車に乗れるだけでなく、通学には縦列で走行したりと新しい運転スキルも必要です。

 私も日々、朝宣活動をしていますが、この時期はよく「ガチャーン」って音がして自転車を倒している生徒さんをよく見かけるものです。自転車を倒す程度ならまだ良い方で、深刻なのはやはり交通事故。相手が自動車となると身体への影響も心配です。すでに新学期から2ヶ月で私の住まう地域で2件ほど高校生が交通事故にあったと情報をいただいています。

 

 もちろん、自動車側の安全運転が必ず求められるわけですが、自転車側も守るべきルールは守らなければ自転車に関わる交通事故は決して減りません。

 私自身も引き続き通学路の安全点検を進めていこうと思います。また、必要な箇所には必要な安全喚起を設けていかなければならないと考えています。

 危険箇所などありましたら、ぜひ情報をお寄せください。

 

ささやかなサインですが効果的です