「明日の高崎」荒木征二

高崎市議会議員・荒木征二の日々を書き連ねています。

定例会一般質問

 9月10日、今回も一般質問に登壇いたしました。これでやっと10回目の登壇です。任期中に一般質問できる機会は16回しかありません。限られた回数の一般質問ですので、一回一回を大切に、丁寧に質問を構成して臨んでいこうと思います。

 

 今回の一般質問は「農業振興について」です。農政分野を一般質問するのは今回が初めてです。私自身が農業経験もないところで質問することに、プレッシャーもいろいろと感じましたが、以前からさまざまご相談をいただいている土地持ち非農家の件もありましたので、今回思い切って挑戦してみました。

 とはいえ、農業経験のない私がする質問ですので、農法だの栽培法だのを質問しても仕方がありません。あくまで農政「政策」について問う、という姿勢で質問を構成してみました。柱は、「荒廃農地の状況と発生予防、解消」、「新規就農者への支援」、「高崎農産物のブランド化と販路拡大」の3点です。

 

 録画が動画配信されていますので、関心ある方はご視聴いただければと思います。

takasaki.gijiroku.com

 

 一般質問を終えての私の感想です。総体的にいえば、高崎市農政は先進的に農業振興に取り組んでいると言えます。特にブランド化と販路拡大には精力的に取り組んでいると言えます。一方で、これは問題解決が非常に困難ですし、いち地方自治体の抱える問題を超越している面もあります、荒廃農地対策はこれからの課題となっている状況です。

 そう遠くない将来、私たち日本も食糧難の時代に突入するかもしれません。いまは植物工場など様々な施設も開発されていますが、安定的に食料を生産するためには一定の耕作地を守っておかなければなりません。

 荒廃農地解消への道のりは果てしなく遠いものがありますが、高崎市も今年度から本腰を入れた対策を講じてきました。

 少しずつでもいい、荒廃農地を減らす、そして価値観の大転換を経て新しい時代への宝物としていまある農地を「農地のまま」次代へ引き継げるよう、いまからの努力が大切だと考えています。このテーマについては、ひきつづき私も研究を進め、時機をみながら議論していきたいと思います。

 

f:id:astelope2:20210915103655p:plain

荒れた農地が増え続けています。

第4回市議会定例会

 明日、市議会定例会が開会となります。9月に開会となる定例会は、前年度、今回で言うと令和2年度分の決算を認定することが主旨となるので、「決算議会」とよく呼ばれています。

 令和2年度はご存知のとおり、コロナに始まってコロナに終始したような特殊な年でしたので、補正に次ぐ補正、全体像を読み解くのがちょっと難しい状況となっています。

 この決算認定を加えて、全部で12の議案が上程されます。私もしっかりと審議に加わりたいと思います。また、今期は建設水道常任委員会に所属していますので、建設系の予算の執行状況を重点的に審議させていただきたいと思います。

 

 また、今回も当然のことながら一般質問に登壇させていただきます。今回の一般質問は、いぜんから様々お話をいただいていることもあり、「農業振興について」としました。

 質問の柱は、耕作放棄地などの荒廃農地の解消作、新たな農業者への支援そして、高崎農産物の販路拡大についてです。

 限られた時間内でどこまで議論が深められるか分かりませんが、精一杯やってみようと思います。目下、緊急事態宣言中ですので傍聴にお越しくださいとは言えませんので、ぜひインターネット配信でご覧をいただければと思います。

 

takasaki.gijiroku.com

f:id:astelope2:20210906113454p:plain

 

2学期始業を前に

 明日で長かった夏休みが終わります。県内ではすでに多くの市町村で学校は始まっていますが、高崎市ではかつてのまま8月31日までが夏休みとなっています。2学期制の導入の是否は議論しませんが、こう日本の夏が暑くなってしまうと、せめて8月いっぱいは休みにしておくのが合理的のように思います。

 

 さて、新学期を目前しながらも、相変わらずコロナの猛威が止まりません。ピークアウトしたかな、と思わせておいての再拡大を繰り返すなど、ウイルスも相当に執念深いですね。高崎市内における第5波の感染状況を集計してみました。すでに第4波のころから顕著となっておりました患者の若年化が一層顕著となっています。もちろん、高齢者から始まったワクチン接種の効果が出た結果とも見えますが、どうやら変異株は若年者をターゲットとしているように思えます。

f:id:astelope2:20210830085927p:plain

第5波のおよそ1ヶ月間の感染患者(年代別)

 感染の中心となっている20代のワクチン接種、予約開始となっていますが、なかなか接種までいたらないという方が多くいるのが現状です。40代でさえ、いまだに1回目もまだという方が多くいます。もちろん、メーカーに拘らなければ集団接種会場で接種可能ですが、やはり副反応のことや異物混入のことなど、ニュースやネット情報を見聞きした方には、ファーザー社製の者がいいという方も多くいます。

 目下、緊急事態宣言中ですが、傍目にも人流は決しておおきく減ってはいませんね。それから、私が個人的に集計したものですが、この第5波での感染患者の職種内訳です。過半数は社会と経済の担い手。1/4は児童・生徒・学生です。つまり、最も活動的な職種の方が感染の中心となっているのです。

f:id:astelope2:20210830090029p:plain

職種の集計法は荒木の独自のもので、公式のものではありません

 このような状況では我が身をいかに守るかが大切です。ぜひ、引き続きの自衛をお願いします。人流をへらすことは今の従来からの政策では不可能です。だれが悪いということではなく、冷静にいまは我が身を守ることに徹していただきたいと思います。それがコロナ抑制にもつながることと思います。

ヤングケアラー

 「ヤングケアラー」という言葉、今年3月、厚生労働省から調査結果が公表されてから一気に認知が進んだように思います。ここでは詳述しませんが、厚生労働省のHPに10類型が例示されていますのでご参照していただければと思います。

ヤングケアラーについて

 

 さて、本日市議会では「子育て・定住促進特別委員会」が開催されまして、この「ヤングケアラー」への支援策(案)が示されました。今年度中に予算化、来年度からスタートさせたいとのこと。他者への世話(内容は実に様々)のために勉強する時間がない、同世代が普通にしていることができない(スマホで動画を観る、とか)、そして最悪通学ができないでいる児童生徒に手を差しのべる、大変意義深い施策です。ヤングケアラーの存在に光が当たってまだ間もないにも関わらず、こうしていち早く施策として形に示してくれた高崎市教育委員会に敬意を評したいと思います。

 実際に施行されるのは来春ですので、実施内容の充実をお願いしたいと思います。他の議員さも指摘されていますが、私が気にしているのは次の2点です。

1.高校生も対象にしていいますが、高校は市の教育委員会の所管外(1校をのぞいて)ですので、対象者の把握にひと工夫していただきたい

2.(いまのところ)支援の上限は週二回まで、一日2時間まで、となっています。しかし、ヤグケアラーの方々の“お世話”はおそらく、四六時中、365日のことと思われますので、ケースバイケースで柔軟に対応していただきたい

 

 いずれにしろ、学業の公平を保つ意味でもとても意義深い取り組みですので、私も応援していきたいと思っています。

 

 ところで、実はここからが本題です。今回、市教育委員会はこれの制度設計にあたり事前調査を実施しています。この事前調査、厚生労働省が示した調査結果(当然、全国版)の裏付けを得ること、そして市内の実態を把握することを目的として実施したようです。で調査、この春、全児童生徒に配布したタブレット(GIGAスクール)を活用して実施しているのです!

 タブレットを活用して、直接教育委員会に回答が寄せられ、教育委員会が直接集計しています。どの学校の誰が回答したものか一切特定ができない、極めて匿名性の高い方法を採っています。これって、タブレットの使い方として大正解ではないでしょうか。従来のやり方ですと、教職員によるヒアリング(聞き取り)やアンケート調査(紙媒体の)となるでしょうが、個人の匿名性を保つことができません。それに、疑ってはいけませんが回答の集計分析も学校によって違いが出てきても不思議ではありません。とてもナイーブで繊細で、場合によっては本人を傷つけてしまうこともありうるこの種の調査を、タブレットを使って実施してくれた教育委員会には、本気で拍手を送りたい思いです。教育現場でのタブレットの効用に新しい一手を加えてくれたものと思います。

 さらにナイーブな問題の把握、たとえば『いじめ』の把握などにもこのタブレットを使った実態調査が有効ではないかと思いますので、今後の研究をお願いしたいと思います。

f:id:astelope2:20210819184413p:plain

本文と関係ありませんが、今日は久しぶりに夏らしい日になりました

 

管内視察 in 榛名

 昨日の報告になりますが、13日は会派による管内視察として榛名湖周辺に出かけてきました。5月には恒例のヒルクライム、今度の日曜日はトライアスロンそして9月にはマラソンと、高崎市におけるリゾートスポーツのメッカ、榛名湖。ここのところはコロナ禍で、その潜在能力を存分に活かした仕掛けがなかなかできない状況が続いていますが、あらためて視察という目でみれば、榛名湖周辺の魅力を再確認できました。

 社家町四つ辻、榛名神社、林間学校、ゆうすげ、榛名湖アーティスト・レジデンス、ひとまわり見させていただき、新しい発見も得ました。

 榛名湖周辺は群馬県の所管となっていて、市の裁量でできることには限度があるようです。ですが、高崎市の大切な資産ですから、コロナ禍が去った後の使い方も考えてみたいと思いました。

f:id:astelope2:20210714163720p:plain

味わい深い榛名湖アーティスト・レジデンス

 

4回目の緊急事態宣言

 都内で4回目の発令です。

 結局そうなるのか。あえて良いとか悪いとか自分の考えを述べるのは避けてきましたが、今回4回目の緊急事態宣言をこのタイミングで発令となると、さすがに幻滅です。

 難しい判断なのだと分かります。あちらを立てればこちらが立たず。両すくみにもなるでしょうし、それこそ様々なステークホルダーが関係してくるでしょうし、正しいことがまかり通らないことだらけなのでしょう。

 しかしそれでも。今回はオリンピックという明確なターニングポイントがあったわけです。これ以上説得力のある理由があるでしょうか?

 やるからには成功させたい。これまでの経緯に違和感を持っている方にしても、この期に及んではそう感じているはずだと思います。

 そして、何がなんでもやるというからには、何としても感染拡大をしっかりと抑えなければならないはずです。

 誰が、どこでどこから、どのような考えで、どんな思いを持ってこの難局の舵を握っているのか。そこが見えないまま私たちの不安と不満だけ膨らむ日々が続いていきます。

 

大雨の時期をむかえ

 先日、熱海市伊豆山で起きた大規模な土石流災害は他人事ではありません。今年も大雨の季節を迎えて、また緊張の夏場がやってきました。

 高崎市内にも観音山丘陵をはじめとして、麓が開発されている傾斜地がいくつもありますし、土砂災害警戒区域も実際に指定されています。

 幸いなことに今年はまだ、目立って危険な降り方はまだしていませんが、油断は禁物です。先般、竣工したばかりの井野川に新設された調整池には、すでに一度雨水が貯留されたそうです。市内では大して降っていないようでも、上流域で降った雨が一気に流れ込むのだそうです。調整池は完成しましたが、やはり井野川は要警戒です。

 

 さて、今朝も朝から降ったり止んだりの梅雨空。火曜日ですのでモーニングセミナーからスタートしまして、午前中は立憲民主党の広報活動に取り組みました。7月4日の都議選の結果をみると、どうやら政権与党さんは解散をさらに遅らせる、あるいは解散せずに任期切れに持ち込むこともあり得るなとも思いますが、いずれにしても衆院選は間近に迫っています。私も立憲民主党の末席に加わる身として、いよいよ忙しくなりそうです。

 

 午後は保育所にお邪魔して、ワクチンの職域接種の状況などお聞きしてまいりました。このあと開催のある機関会議に出席します。

f:id:astelope2:20210706171130p:plain

完成したばかりの井野川調整池