「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

東国千年の都・ギャラリートーク

 だるマルシェメンバーからお誘いいただきまして、出かけてきました。

 ここのところ、NHKの「歴史ヒストリア」に登場したりと、高崎あたりの東国文化がなにかと話題ですね。

 

 上野三碑といい、多胡の郡衙跡といい、数多くある古墳群といい、いにしえの高崎って、さぞや賑やかだったのでしょうね。

 

 かつての多胡郡が300戸といいます(羊さんのころ)。300戸というと、この辺のひとつの町内会くらいなもなのですかね。僕の住む石原下4町内が400戸くらいですから。

 なので、あの広いエリアに300戸だと、閑散としたイメージなのかなぁ、と思っていましたが、当時としては結構な人口密度だったそうですよ。

 

 こういった展示会って、ただブラブラと観るのと、こういったギャラリートークなどの機会に解説付きで鑑賞するのとでは、入ってくるものがまったく違いますね!

 

 すこしばかり東国文化に詳しくなったような気になりました。

 

f:id:astelope2:20170126092357p:plain