「明日の高崎」あらき征二

高崎市議会議員・荒木征二の日々を書き連ねています。

ふたたび感染拡大局面

 今朝は久しぶりに東町交差点にお邪魔して朝の街頭演説をさせていただきました。年度明けということで、街角はどことなく新鮮な雰囲気に包まれています。

 私は毎年この時期は新高校生のことがとても気になります。まだまだ自転車に乗り慣れていないのか、とにかく危なっかしくて・・ 演説してる後ろで「ガシャーン」って音がしてくるのも珍しくありません。しばらくするとすぐに上手になるので、一時的なことなのですが、今年もしばらくヒヤヒヤすることになりそうです。

 その後は活動ニュースの配布へ。今日は予定が詰まっていて、100件ほどといつもより少なめでしたが、心を込めて配布してきました。

 

 さて、新型コロナが新たな局面を迎えています。群馬は今のところそれほどではありませんが、大阪あたりではもはや第4波と言っても良い状況です。今日は東京都も新規陽性者が500を超えそうです。

 高崎市では積極的疫学調査が奏功して今までは感染は低位に抑えることに成功していると思います。これも保健所スタッフの努力の甲斐あってのことなのでしょう。では、おそらくこれから首都圏で感染が拡大するであろう状況下で、引き続き高崎の感染拡大を抑えるために必要なこととはなんでしょうか? しっかり地に足ついた方策を考えていかなければなりません。私は、もはや訴え尽くされた感もありますが、やはり徹底した検査ではないかと今も考えています。皆さんは感染対策に必要なこと、何だと思いますか?

  

f:id:astelope2:20210409214212p:plain

通りがかりの街並み