「明日の高崎」あらき征二

高崎市議会議員・荒木征二の日々を書き連ねています。

2015.01.24 上州知域づくりオフサイトミーティング in 渋川・伊香保温泉

 自治体職員のヨコのつながりをつくる「上州知域づくりオフサイトミーティング」。前回の高崎会場に続いて、第2回勉強会は渋川市民会館で開催。もちろん、参加してきました!

 今回もなんなく軽く100人オーバー。勉強会には140名、懇親会から宿泊、そして翌日の伊香保温泉フィールドワークまで、通しの参加者も70名近くの参加がありました。

 そもそも、勉強会は渋川の市庁舎でやる予定だったのですが、予想外の集客に急遽、会場を変更した経緯があります。いやいや、このOM、立ち上げの当初は飲み会が続いていたので、果たしてまじめな勉強会になった時にどれほどの参加者があるものか、と心配しまたが、どうやら本物ですね。

 しかも、宿泊でもこれだけの人が残るとは。逆に言うと、宿泊がセットだと懇親会の参加率も上がるということか!

 今回の勉強会で一つの流れが確立したんだと実感しましたね。そして、その場面に立ち会えたことに感謝です。

 さて、勉強会はというと。第一部が講師を招いて、上毛カルタを通じて群馬を再発見する内容の講演。そして第二部が、渋川チームのコーディネートでのワークショップでした。こういった形式の勉強会では定番の二部構成ですね。

 いやー、上州OM、盛り上がってましたね。やっぱり自治体職員のなかで意識の高い人たちが集まっているだけあって、対話の内容もステキ。なにより、運営していた渋川チームがこれまたすばらしい。あの結束力は見習わなければ。

 次回も楽しみです!!

 

f:id:astelope2:20150203144025p:plain