「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

原発汚染水の海洋放出を問う

 今日は、国民民主党群馬県支部主催の講演会にお招きいただきましたので出かけてきました。このところ報じられている原発汚染水の海洋放出をとりあげたタイムリーな講演会です。このあたり、時節を捉えた的確な話題設定は、われらが立憲民主群馬も見習いたいところです。

 

 さて、現在報じられているところによると、日々増量している原発汚染水の処理については、経済性が優先され海洋放出の案が有望視されているとのこと。そこで考えなければならないのは、その原発汚染水に含まれているトリチウムのことです。海洋放出して希釈すれば毒性もさがるという考えのようです。

 ですが、海洋放出はわが国でも苦い体験をいくつもしてきたはずです。二度と繰り返してはならない教訓がいくつもあるはずです。問題の次元は違うのかもしれませんが、水俣病も安易な発想で海洋放出した結果が、あれほどの災厄をもたらしたことと、なにかしら通じるところがあるように思うのです。

 

 経済性から見れは、もっとも安価に済む対処法なのでしょうが、海洋はわが国だけのものではありません。しっかりと現実を直視して判断しなければなりません。放出して後から災厄に気がついても、決して取り返しがつかないことは水俣病が教えてくれた教訓の一つです。

  

f:id:astelope2:20200227101258p:plain