「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

道祖神祭り2019

 今年の道祖神祭りは寒さもさほど厳しくなく、去年のように雨にたたられることもなく、とても平穏な中で催行されました。翌日朝刊では、ここ数年は定例となってきましたが上毛新聞さんに記事掲載していただきましたし、ラジオ高崎でもお囃子の様子が放送されていたそうです。こちらの方は僕は聞いていなかったので内容の方は定かではありません。また、J-COMさんも取材してくれていましたし、こちらも1月下旬ですかね、放送の予定だそうですよ。

 こうして少しずつ、石原町内の道祖神祭りが知られていくのは喜ばしいことです。なんといっても、各地でこの時期行われる鳥追い祭りよりこの道祖神祭りの方が早い時期にする祭りだ、という一点でも石原町が誇る伝統芸能ということができます。こういった情報拡散が参加者の増加に繋がってくれると何もいうことはないのですが。

 

 今年は我らが石原下四・指出保存会が当番幹事だということ、そして両水が閉店してしまって諸々の品の調達先を開拓しなければならなかったこと、ということが重なって例年よりもやや、緊張感はあったのですが、とにかく天候にも恵まれ無事に終了することができました。

 

 これも町内会をはじめとする皆さんのご協力の賜物と、心から御礼申し上げます。今年は夏の高崎まつりはお休みの年です。また、納涼祭で皆さんとお会いしたいと思います。ちなみに写真は、小祝神社での終結式を手打ちで締める。我らが保存会長です。

  

f:id:astelope2:20190116154931p:plain

小祝神社での集結式