「明日の高崎」あらき征二のブログ

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

たかさきbiblioミーティング #24

 まるまる4年が経過して、ついに5年目突入しました。高崎でビブリオバトル、を合言葉に(しているのは僕だけかもしれないけど)ここまでやってきました。

 

 さて、24回目の「たかさきbiblioミーティング」です。前日降った雪の影響が心配されましたが、幸い今回の雪は軽くて、この日はもう路面に残る雪もわずかとなっていました。とはいえ、少なからず影響は残っていて、雪かきのために急遽欠という方もいましたが、無事に開催できました。

 今回の会場は今までとはちょっと違う雰囲気の場所です。そう、昨年10月にオープンした高崎OPAの7F、フードコートで開催したのです。今回のテーマは『「本、読まないなぁ」という人にオススメする本』ということで、僕は伊坂幸太郎著「グラスホッパー」を携えて参加してきました。

 高崎OPAの7Fには、シンキチ醸造所が入居しているので、ビールは文句なし。なかじゅう亭も入居しているのでラーメンも文句なし。意外と・・・、いいかも、ここ!

 

 バトル本は今回は5冊。僕が「グラスホッパー」をお勧めする理由は、登場する殺し屋さんたちのキャラが魅力的なこと、日常生活では体験することがまずない(ある人は逆に怖い)世界観を疑似体験する、小説の本懐をお腹いっぱい堪能できるエンターテインメント性が豊富であること、といったところ。今日は、いつになく熱弁させていただきました。

 

 さて、5年目に入った「たかさきbiblioミーティング」の25回目は、予定通り3月に開催します。ちょうど桜の頃になると素敵なのですが。

  

f:id:astelope2:20180129100609p:plain