「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

祝 TAKASAKATSU!の朝活 #100

 東日本大震災から2年経つ頃。あらためて地域のつながり、人が人を知ることの大切さが問われていたあの頃、2013年1月16日に初の開催をしてから4年… この間、2014年の大雪を経験したりして、大変な思いもしたけれども、高崎の人々のもっている力を確信し、高崎の人たちの底力に魅了され続けた4年間。

 

 今こうして高崎の真の姿が、色眼鏡を通してではなく、たくさんの人々から見つめられるようになっていて。高崎という街があらためて再評価されてきた今、その道程が地に足ついた、高崎の人、一人一人の、一歩一歩の積み重ねがあってはじめて今の高崎があることを僕たちは知っています。それは、これまでの100回の朝活を経験できたからこそ。だからこそ、自信を持って、実感をともなって、実体験に基づいてはっきりとそう言うことができます。

 

【線路はつづくよ】

 TAKASAKATSU!の朝活は今日、100回開催をむかえました。終わりではありません。

 これから少し、カタチは変わるかもしれません。人も変わるでしょう。もしかすると、開催スタイルもだいぶ違ってくるかもしれません(朝じゃなくなってたりして?!)。

 でも、いいのです。でも、ではないですね。それがいいのです。

 

 常に変化して進化していく、そんなTAKASAKATSU!の朝活であっていて欲しい。そうしていきたい! と、いつになく思いを新たにして臨んだ100回目の朝活でした。

 

 TAKASAKATSU!の朝活は、つづきます。

 

f:id:astelope2:20170301120640p:plain