「明日の高崎」あらき征二のブログ

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2016.07.18 温泉郷クラフトシアター2016

 中之条町の2大タイトル(わたしのなかでは)のひとつ、クラフトシアター2016に行ってきました。こちらクラフトシアター、中之条ビエンナーレと交互の隔年で開催されています。ので、前回行ったのは2年前だったんですね。月日の経つのが早いこと早いこと・・ ちなみに、ナビしてくれたgoogleマップさんが「よんまんおんせん、よんまんおんせん」って連呼してくれたので、車中でおおいに笑わせていただきました。

 

 前回はたしか、陶芸体験してから吉澤指物店さんで、素敵な漆塗りタンブラーを買ったのでした。このタンブラー、もちろん今でも愛用しています。家でビールを飲むときには、か・な・ら・ず、このタンブラーに注いで飲んでいます。まじで、ほんきでこのタンブラーいいのです!

 

 さてことしのクラフトシアター。まずはお約束の四万温泉(しまおんせん)・積善館に寄って記念撮影。ひととおり見回ったら、ここの日帰り温泉に寄って汗を流して帰ろうとかたく決意。

 まずは手始めに、前回に引き続きの「無限大」で陶芸体験。こちらで粘土から一品、仕上げてから「中屋」会場へ向かいます。こちらでも陶芸体験などありましたが、残念ながら時間切れで終了。もう一つ気になっていた鉄器づくり(ひたすらハンマーを振るうやつ)のワークショップも予約満席にて終了。残念。

 気を取りなおして、今回のメインと思しき「第三小学校」会場へと。なかなかてごわい傾斜の坂道をのぼって、若者たちの背中をながめつつどうにかこうにかくっついて行って、たどり着きました。こちらの小学校は廃校して10年ほどになるもののようですが、とても保存の状態が良いですね。ビエンナーレでも会場になっているそうなのですが、たぶん僕は初めて来てのではないかと。たぶんですが。

 こちらでは、教室、教室にそれぞれ出展がありまして、いろいろと目移りしましたが、ことしもやっぱり吉澤指物店へ。こちらで、尾瀬の橅(ぶな)の木をつかったパレットづくりを体験。それと、活版印刷で名刺づくりにも挑戦しました。活版印刷ってなにか雰囲気が良いですね、迫力があるといいますか。名刺の重みが違ってくるような気がします。これで名刺交換したら、簡単にはすてられないことでしょうね。

 

 「第三小学校」をじっくり楽しんで、スタンプラリーも揃えて、温泉協会に寄って応募(なにか当たるらしい)したら、はいもう17時。残念、というかやっぱり積善館のお風呂(17時まで)には間に合わなかったで、次回を期して帰路につきました。

 

 ことしのクラフトシアターは24日まで開催だそうです!

 

f:id:astelope2:20160719104944p:plain