「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2015.11.22 たかさきkid’sファッションショー

 1月22日の高崎Civic Vision Run 会議で立ち上がり、2月17日に1回目の会議があってから、あっという間に9ヶ月が経ち、今日『たかさきkid'sファッションショー』が“さやもーる”で開催されました。まさに文字通りの紆余曲折!紆余に紆余して、曲折に曲折を繰り返してここまで到達しました。

 誰もしたことがないこと、新しいことを始めるということの難しさは、立ち上がりの段階から想定していました。想定していましたが、実際の場面は想定以上だったなと思います。

 とはいえ、こうして開催に漕ぎ着けたのも、たくさんの方に支えていただけたおかげです。

 何の実績もない、どんなショーになるのか見当もつかないようなファッションショーなのに、ためらいもなく参加してくれたキッズモデルとそのご家族のみなさん。なんの足しにもならないこのショーに、忙しいなか時間を割いて協力してくれた方々(手弁当で!!)。そして、泥舟状態のこのファッションショーチームに最後まで付合ってくれたメンバー。すみません、僕はチームリーダーでも何でもないのですが、今はとにかく感謝しかありません。

 今回のショーで経験した事柄は学びとして自分の血肉とした上で言えることは、とにかくやり遂げたということ。そして、たくさんの子ども達の笑顔が高崎の街なかで見られたということです。

 子ども達に街なかでの思い出をつくってもらいたい!

 このショーをきっかけに街なかとのつながりをつくってほしい!

 そして、子ども服のエコリサイクルの一つのモデルを示したい!

 このファッションショーを企画した当初に掲げたこの3つのテーマ。程度としてはミニマムかもしれませんが、一つのカタチにはできたと思います。

 

f:id:astelope2:20151127103327p:plain