「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2015.05.20 学びのマルシェ #01

 “学び”は本来は、ワクワク楽しいもののはずです。でも、日々のあれやこれやに忙殺される生活を送っていると、なかなか“学び”の時間って取り難いものです。というか、楽しいはずの“学び”が煩わしくて、好まざる時間となってしまっている人も多いかもしれません。

 だから、“学び”の時間にちょっとした楽しい動機をヒモづけることが良いんじゃないかと思って企画したのが、この「学びのマルシェ」です。つまり、美味しい食事とお酒を飲みながらの居酒屋座談会スタイルで講師の方の話しを聞く。もちろん、講師の方も食べながら、飲みながら。だから、参加の動機が「ただ飲みたいから」という人にも入口が開いている、そんな“学びの場”をつくりたいというのがねらいです。

 なにせ、“学びの時間”は取れなくても、“飲みの時間”はしっかり取ってる、って人も多いですからね^^

 というコンセプトの「学びのマルシェ」、はれて今日は第一回目でした。高崎市美術館長を講師にお招きして「山口薫壁画移設プロジェクト 〜公共建築とアートワーク〜」と題してお話しいただきました。

 要は聞く側が「講話をつまみに!!」お酒飲み〜の、食事し〜のというスタイルですので、講師の方に失礼なのは承知。なかなかこういう無礼講を許してくれる方はいないんじゃないかと心配しました。おそるおそるお願いに行ったところが即答・快諾! 本当にありがたいことです、ご理解していただいた講師の方には感謝しかございません。

 毎回毎回、この居酒屋スタイルは無理かもしれませんが、この「学びのマルシェ」はだるマルシェの中核企画として定着させたいとたくらんでおります。次回に期待!

 

f:id:astelope2:20150521092718p:plain