「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2015.03.31 徘徊! 南牧村

 今日は、増田レポートで沸騰した南牧村を徘徊してきました。増田レポートによると、2040年推計で若年女性の人口減少率が89.9%という驚愕のスコアをたたき出した、あの南牧村です。現在の人口は約2,200人ですね。幼少人口比率がわずか4%といいますから、まぁこのまま経過すればそういう推計値になってしまうのでしょうね・・

 桜にはちょっと早かったのですが、春を感じる暖かさの中、ウロウロ。

 いいですね、山間ののどかさ、歴史をとても感じさせてくれる風情をヒタヒタと感じます。かつては砥石の生産で盛っていたらしく、その後は養蚕に励んでいたようです。それもあってか、石積みも立派で、御殿が多いですね。ただし、人気のない家屋が多くあるのは否めず。

 インターネットなどで調べた範囲では、空家再生、定住促進などに取組んでいるようです。が、消滅回避にはそれだけでなく、増田寛也氏も指摘している通り「拠点都市の配置」、「若者流出の阻止」、「結婚・出産の阻害要因の除去」がやっぱり大切なファクターになりそうですね。そうとなると、拠点都市たる高崎市の役割も重要ですね。役不足でなければいいのですが。高崎市が拠点都市かどうかという、前提問題もありそうですが!

 

f:id:astelope2:20150406161117p:plain