「明日の高崎」あらき征二のブログ

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2015.01.04 山車屋台の準備作業

 今年も無事に新年を迎えることができました。新年ということは・・、我らが石原町は道祖神祭りの始まりの時期を意味するわけです。で、早速元旦気分が残っているところ、道祖神祭りに向けての山車屋台の準備作業がありました。毎年のことですので、指出保存会のメンバーでテキパキテキパキと作業が進みます。

 指出の屋台は、2000年(平12)の市制100周年を記念した高崎山車祭りに出場するため、装飾やら、衣装やらを全面的に整えたのが、新生屋台の始まりだそうです。ですので、今の形の屋台は今年15年目ということですね。市内の屋台を見てみますと、彫り物も立派、装飾も立派な荘厳な屋台がいくつもあります。でも、指出の手作り感満載の屋台も、それはそれで味わい深いものです。なんといっても、制作者から直にその当時の話しを聞くことができますからね。

 昔の屋台のことなど、先輩方から、いろいろと聞いています。が、結局実物を見たこともないので、石原の屋台というと今の屋台しか知らない訳でして。昔の屋台がどんな形をしていたのか、ちょっと興味がありますね。写真でもあるといいのですが。

 

f:id:astelope2:20150105092537p:plain