荒木 征二 の ブログ

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2014.12.17 (第11回)どどいつナイト

 2月の第1回に参加して以来、中9回。久々に参加しました第11回どどいつナイト。しかも宿題を一つもやってこないという体たらくで、参加と言うより観覧・・

 どどいつ(都々逸)、ご存知ですか。句、唄、よりもおおらかな、川柳ほど形式張ったところない。三味線で歌われる俗曲でもあり、寄席で演じられる出し物でもあったり。なかなかつかみどころがなく説明しにくいのですが、師匠が言うには「もともと口伝だし、定形がない」とのこと。だから、難しく考える必要がないし、面白ければいい! らしいです。

 さて、音数律は7・7・7・5が基本。さらに7も分解すると、3・4・4・3・3・4・5となります。でも、特別この音数にこだわらなくても、できてしまうのがどどいつの面白いところですね。

 どどいつナイトのメンバーのみなさん、ここ群馬をどどいつの本場にしてやろうと盛り上がってます。群馬がどどいつの本場になったら楽しいですね。

 ちなみにどどいつ、恋愛をモチーフにしたものが多く、必然的に下の方のネタも多くなる傾向があります(ハハハ)。そのあたり大好きな人にもオススメです!!