「明日の高崎」あらき征二

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2014.12.07 指出公民館の遺跡移動・大掃除

 僕たちの住まう石原下四町内の町内公民館、「指出公民館」の庭の片隅には、石塔・石碑群が一塊になってあります。今までは、文字通り、片隅に群れになって置いてある状態だったのですが、この度はれて、ひな壇が完成したとのことで、指出保存会のメンバーで移動作業をしました。

 移動したのは、「二十二夜待供養」、「不明の座像」、「愛宕大神」、「馬頭観世音」、「馬頭観世音大士」、「庚申塔」が3基、「念仏供養」、「巳待塔」、その他不明の石碑が2基(おそらく昔の墓碑ではないか、とのこと)。いやいや、石って重たいんですね。たいへんな作業になりました。が、そこは職人軍団の指出保存会、重機も駆使しつつ、テキパキと作業は進んで、無事に移動完了です。

 聞くところによると、この辺りの石はちょっと柔らかいらしく、確かに彫り字も見えにくい石塔が多いですね。

 あとは、小祝神社に預けてある魂を元に戻して完了です。また、ちょうどその日は町内会の班長さんたちの手で指出公民館の大掃除もありました。

 これできれいさっぱりと新年、そして道祖神まつりを迎えることができそうです。

 

f:id:astelope2:20141211113826p:plain

f:id:astelope2:20141211113836p:plain