荒木 征二 の ブログ

高崎での日々をつれづれなるままに書き連ねています。

2013.11.25 ローカルサミットin上州・南相馬 打上げ

 今日は、2013.9.28上野村セッションを皮切りに、丸1ヶ月ほどをかけて開催されたローカルサミットのプチ打上げがあるとのことで、お招きをいただき、参加させていただきました。

 まず、プチ打上げの“プチ”ってなんだ!、ですよね。今日も十分に打上げの感覚をフルに醸し出しているのに、これはあくまで本番打上げに向けての練習なのか?、という憶測を抱きつつ会は進行。
 
 いやー、こういった正に現場力が問われるイベントをやり遂げられる、やり遂げてしまう人々のパワーをまざまざと感じさせられました。僕たちは高崎セッションの2日目、フィールドワークをちょこっとお手伝いさせて頂いただけの関わりだったのです。ですので、これまで本体といいますか、本流のところがどういう動きをしていたのか、じつはよく分からない、よく見えない部分がありました。今日ここで、その本体を切り盛りしていた方々と間近に接することができて、よーく分かりました。彼らの現場力のすばらしさが! 多分こういった現場力って、経験を積み重ねてきて身に付くものでしょうから、彼らがこれまで踏んできた場数も相当なものなのでしょう。間違いない。
 
 最近、僕は「旅の仲間」って言葉が好きなのです。なんかいいじゃないですか、指輪物語みたいで。今日は、ローカルサミットをやり遂げたメンバーを見ていて、「いい旅の仲間だなー」って素直に感じました。元締めの方も言ってましたしね、「最強メンバーだ」って。羨ましい。